読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでも口コミ!情報レビュー

ニュースやサービス、商品、iPhone・iPadアプリなど、なんでも気ままにレビューします

妊娠時の肥満をダイエットで解消することについて

妊娠中をきっかけに体重が増加してしまった、肥満になってしまった、もしくは妊娠前から肥満であったといった人が、妊娠中にダイエットをしても大丈夫でしょうか。

 

 


結論を先に言うと、自己流の食事を抜くといったダイエットは危険です。

 

 

 


無理なダイエットは陣痛に耐える体力がなかったり、いきむ力がないので分娩時間が長くなってしまうことがあったりと母体にあまりよい影響はありませんし、赤ちゃん自体が栄養を上手に摂取できなかったり子供のうちから高血圧や糖尿病になるリスクも高くなるとまで言われています。

 

 

 


無理なダイエットで急激に体重を落とすことで、妊娠中毒症や糖尿病にもなりかねないですし、運動のしすぎは流産の恐れまであります。

 

 

 


妊娠時はお腹の赤ちゃんに栄養を送らなければならないので、身体は脂肪や栄養を貯めこみやすい状態になるので、ある程度の体重増加は仕方のないことですが、まずは食事のバランスに配慮した和食中心の質の良い食事を摂ることが必要です。

 

 

 


また適度な運動をすることで出産時のあ体力をつけたり、体重の増加を防ぐことができます。

 

 

 


もちろん食べられない悪阻の時期はバランスの良い食事は難しいかもしれませんが、悪阻が落ち着く頃にはバランスの良い食事と適度な運動をすることが求められます。

 

 

 


なので肥満だからと言って無理なダイエットをするよりは、食事のバランスを考慮しながら適度な運動をすることで、体重の増加を防ぐことが大切なのです。

 

 

 


どうしても肥満が気なる場合は、医師に相談しながら食事や体力作りの相談をすることが望ましいです。