読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでも口コミ!情報レビュー

ニュースやサービス、商品、iPhone・iPadアプリなど、なんでも気ままにレビューします

後悔先に立たず!眉毛を抜くお手入れには十分注意を

眉毛の形が美しいと見た目の印象が変わり、化粧が楽しくなるものですが、知識を持ってお手入れをしないと思わぬトラブルを招いてしまいます。

 

 

 

 

多くの人が実践する、毛抜きを使ったお手入れ方法には特に注意する必要があります。

 

 

 

 


毛抜きで抜いただけでは毛の奥にある毛根細胞までは除去できず、再び生えてくるだろうと思われがちですが、細胞を除去せずとも何度も眉毛を抜くうちに細胞が傷つき弱ることで、再び生えてこなくなる場合があります。

 

 

 

 

この事実を把握しながら、後悔のない眉毛のお手入れ方法を実践しましょう。
抜くのは完全に不要なムダ毛だけにしましょう。例えば眉間に生えている毛はまずいらないものですので、抜いてしまっても構いません。

 

 

 

 

しかし、形を整えたいラインに沿った部分の毛に対して抜くのは控えましょう。
人間は歳を取ると自然に生えなくなる毛が出てきますので、あまり毛をなくしてしまうと歳を取ってから眉毛が極端に薄く見えてしまう可能性があります。

 

 

 

 

完全に不要な毛以外は面倒でも、眉毛用のハサミやカミソリ、専用シェーバーを使用しましょう。
これは女性だけでなく男性にもいえます。

 

 

 

 

思春期の頃に太い眉にコンプレックスを持ち、必要以上に毛を抜いてしまう場合がありますが、大人になって後悔する人が後を絶ちません。

 

 

 

 

思春期の頃とは違い、大人になると肌のハリや彫りの深さなど顔の印象が微妙に変わってきたり、流行も変化しますので、過剰ではない簡単なお手入れにとどめることをおすすめします。