読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでも口コミ!情報レビュー

ニュースやサービス、商品、iPhone・iPadアプリなど、なんでも気ままにレビューします

肩を回してゴリゴリとなるのは肩や肩甲骨の歪みが原因のため歪みを整えることで治ります

肩を回すとゴリゴリなるのは、肩の関節の詰まりと関節が歪むことで擦れてなるのが原因です。

 

 

 

 


肩がゴリゴリと音がなると、肩の歪みが大きくなっている証拠です。症状は肩こりだけでなく、首や頭まで歪みが広がってしまいますので、偏頭痛や吐き気や倦怠感などの症状が増えていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


そのため、症状が酷くなったりする前に治療するのが良いでしょう。
肩こりで肩が歪むと、肩が上にあがって前の方にずれていきます。その時、肩甲骨も肩に引っ張られる形で歪んでいきます。

 

 

 

 


例えば、漢字の八の字のように歪んで広がっていきます。
また、肩甲骨が歪むことで周囲の筋肉も歪んでしまい、それがコリとなってあらわれます。そのため、肩が更に動き難くなっていきます。

 

 

 

 


歪みが酷くなっていくと、他の部位にも負担が掛かり始めていきます。肩と肩甲骨が相互に負担を掛け合って、症状が更に悪化していきます。

 

 

 

 


そのため、治療する箇所は、負担が掛かっている肩と肩甲骨です。
治療するためには、負担が掛かっている部位を整えてコリを取るのが良いでしょう。コリを取ると、肩や肩甲骨の歪みが整えられて肩を回してもゴリゴリと音がなることもなくなります。

 

 

 


歪みやコリをほぐすだけでは、一時的な応急処置にしかならずに再びコリがでてきます。そのため、根本治療のためには、負担が掛かっている箇所を整える必要があります。

 

 

 


また、頭蓋骨や顎や頸椎の歪みも負担の原因になりますので、肩の周囲の歪みを整えてもコリが取れない場合は、頭蓋骨などに歪みがないか調べてみましょう。