読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでも口コミ!情報レビュー

ニュースやサービス、商品、iPhone・iPadアプリなど、なんでも気ままにレビューします

アギーレジャパンのブラジル戦

アギーレジャパンの対ブラジル戦が先日行われました。新戦力の発掘を兼ねつつ、現時点での実力を見るという狙いがあったように思われますが、結果としてネイマールに4ゴールを奪われ、狙いは失敗に終わったと言えるのではないでしょうか。

 

 

 


このブラジル戦の前から、アギーレ監督はさまざまな新戦力を見つけようと、ザックジャパン時代には全く代表に縁のなかった選手を何人も呼び、国際親善試合をテストの場で活用してきました。

 

 

 

 

しかしながら、以前より代表に呼んだほうが良いとの呼び声が高かった選手以外は雰囲気に押された部分もあったのでしょうが、ブラジル戦で言えば小林や太田など、その前で言えば坂井といった選手たちはあまり活躍するに至りませんでした。

 

 

 

 

今後はJリーグでの活躍度合いを良く見つつ、調子の良い選手たちを呼ぶ必要があるのではないでしょうか。

 

 

 


たとえば、G大阪の宇佐美、彼は昔から代表で使ってほしいという声の多い、高いドリブル技術と広いシュートレンジ、強力なキックを併せ持つ選手です。日本人選手は昔からミドルシュートの意識が低く、遠目から打つことよりもラストパスを選択する選手が多いのですが、この選手は遠目からでも確実に枠に飛ばす技術とセンスを持ち合わせています。

 

 

 

 

この選手が加わることで、アギーレジャパンは外からの一発もあるぞ、という意識が相手に生まれて、その分本田、香川、柿谷らの狭いスペースをかいくぐるようなパスワークも生きてくるでしょう。

 

 

 


アギーレジャパンの今後を左右するような選手は、Jリーグでもそれなりの実績を残しているはずです。将来を考えたとしても、現在結果を残している若手選手を中心にアジアカップを戦う代表選手を選ぶべきでしょう。