読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでも口コミ!情報レビュー

ニュースやサービス、商品、iPhone・iPadアプリなど、なんでも気ままにレビューします

目のクマが生じる原因には血行不良や加齢、色素沈着などがある

毎日の生活の中で、ふと自分の顔を鏡で見た時に目のクマにびっくりしてしまう人も多いことでしょう。




一言で目のクマと言っても、実はそこには幾つかの種類があります。




まず代表的なのが血行が悪くなることを原因に生じる青いクマ、次に加齢などによって皮膚が垂れ下がって影が生じる黒いクマ、そして日焼けや加齢などが原因で肌に色素沈着してしまう茶色いクマが挙げられます。





この中で黒いクマと茶色いクマは人が年輪を重ねるごとに自ずと刻まれていくものですが、青いクマに関しては日常生活における極度の疲れやストレス、睡眠不足、さらには眼精疲労などが血行不良を引き起こすことによって生じます。




目の周辺にある毛細血管は身体の様々な負荷の影響を受けるものとして知られ、血の巡りが悪化すると鮮血色からだんだんと黒ずんだ色へと変わっていきます。





そして目の周辺は皮膚が薄いこともあり、それらの色合いが青色となって透けてみえてくるようになるのです。





こういった目のクマは、他にも緑黄野菜の不足や、冷たい食べ物や刺激の多い食べ物の過剰な摂取などによっても引き起こされるケースがあります。





そして美容のために顔のマッサージを行う過程でついつい目の周辺に強く刺激を与えてしまうことを原因に軽い鬱血状態に陥ってしまうこともあるので注意が必要です。





このように、目のクマは日々の体調管理のバロメーターと言うことが出来るでしょう。




まずは自分のクマが青、黒、茶の中のどのタイプのものかを見極めた上で、適切な対処を行いたいものです。