読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでも口コミ!情報レビュー

ニュースやサービス、商品、iPhone・iPadアプリなど、なんでも気ままにレビューします

肥満は不妊の原因になる

  • 女性が絶対に不妊しないためには、どんなことに注意できるのでしょうか?最も大切なことは、肥満にならないということです。
 
 
 
 
 
肥満になると妊娠にとって悪い条件が重なり、結果として不妊の原因となります。肥満になると不妊が起きやすくなります。
 
 
 
 
 
 
その理由は、卵胞ホルモンが脂肪の中に蓄積されてしまうからです。このような状態になると排卵が起きにくくなります。排卵が起きにくくなると妊娠もしづらくなるのです。
 
 
 
 
 
 
また、多嚢胞性卵巣症候群になることもあり、この状態も排卵障害を招くことがあり、やはり妊娠しにくい体を作り上げていきます。
 
 
 
 
 
さらに、肥満であることはホルモンバランスを崩すことにもつながります。
ホルモンバランスが崩れて、視床下部や下垂体からのホルモンの働きに異常が出れば、排卵障害が起きて不妊に陥りやすくなるのです。
 
 
 
 
 
こうして、肥満であることがいかに妊娠に良くないかが分かりました。さて、そうならないための対策ですが、やはり体に脂肪を蓄積させないことが大切です。
 
 
 
 
 
太らないことが重要ですね。
すでに妊娠してしまった人は、慎重に赤ちゃんを守りながら、まだ妊娠していない人は速やかに脂肪を落とすことに励む必要があります。
 
 
 
 
特に下半身の血液循環が悪くなると太りやすくなるので、下半身を中心に効果的なエクササイズをしてみるのがいいですよ。
 
 
 
 
下半身ダイエットとして有効なものは、骨盤スクワットがあります。これは通常のスクワットの形をとりながら、その動作において通常より緩慢に行うというものです。ゆっくりと膝を曲げていき、伸ばすときもまたゆっくり行います。この骨盤スクワットがとても有効なので試してみてください。