読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでも口コミ!情報レビュー

ニュースやサービス、商品、iPhone・iPadアプリなど、なんでも気ままにレビューします

「Chromecast」(クロームキャスト)ってどんな商品?AppleTVと何が違うのか

「Chromecast」(クロームキャスト)。何かと今めちゃくちゃ話題ですね。

f:id:tk-japan:20140602212726p:plain

 

AppleTVをずっと使っていますが、少しおなじじゃね?と思っている人も多いみたいなので何が違うのか色々と調べてみました。

 

 

まず、「Chromecast」は「Google Chrome」(ブラウザ)に映っている者をテレビに映し出すことができるというものらしいです。スマホタブレットでも対応していて、専用アプリ一度認識させるだけでテレビに映し出す事ができるそう。

 

 

AppleTVは設定する際、機器を設置したりWi-Fiに接続したりと少し手間がありますが、Chromecastは設定も簡単にできるという点から、ビジネスの場でプレゼンするときなんか便利かもしれませんね。

 

 

結局、AppleTVとの違いは『Apple TV』は映像を丸々ミラーリングしているのに対し、『Chromecast』は指定したもの(映像やタブ)をキャストし預けるといった感じである、ということですね。

 

 

また『Chromecast』はタブや映像だけしか映せないけど、『Apple TV』はスマホ画面やPC画面を丸ごとミラーできるという違いがある。

 

 

AppleTVと比較して最もChromecastが優れていると思える点は価格。

AppleTVが定価9800円(税別)に対してChromecastは定価4200円(税別)という破格の値段。これは絶対“買い”ですね。



スマートフォンタブレットが当たり前のこの時代。

手元の映像を大きなテレビに映し出して楽しめるのは大きな魅力ですね。

 

 

日本はまだ未発売商品のため価格が違うのかわかんないけど、楽天最安値のお得なお店は下記よりどうぞ。送料込みの価格で保証も1年ついているのでお得ですよ。